• この番組の放送は終了しました

日本文学シアター

劇場/公演

日本文学シアター「風博士」中井貴一×段田安則×吉田羊

中井貴一段田安則吉田羊趣里林遣都渡辺えりらが出演。坂口安吾へのリスペクトから書かれた北村想の新作。過酷な時代を生き抜く純粋な魂に胸打たれる感動作。

10月14日 木曜 6:30 -8:30 WOWOWライブ

日本文学シアター「風博士」中井貴一×段田安則×吉田羊
日本文学へのリスペクトを込め、劇作家の北村想が書き下ろす「日本文学シアター」シリーズ。無頼の作家・坂口安吾の作品からイメージを広げた新作オリジナル戯曲「風博士」を放送する。 【ストーリー】 ある大陸のある戦中、ある中隊駐屯地で、青空をまぶしそうに眺めながら、のんびり一杯やっている男がいた。フーさん(中井貴一)と呼ばれるその男は、駐屯地のそばに立つ軍専用の女郎屋“ピー屋"の主人だが、
かつては軍で風船爆弾を研究する科学者だった。そこにやって来た広瀬大尉(段田安則)は、フーさんにしばらく預かってほしいと訳ありの娘サチ子(趣里)を連れてくる。爆撃で両親と兄を亡くし、ショックでおかしくなってしまったサチ子をフーさんは預かることに。元新橋芸者の触れ込みで“フーさんの追っかけ"を自称する鶯(吉田羊)や、“女子営業社員"の梅花(渡辺えり)も、サチ子を優しく迎え入れる。
そんなある日、フーさんの店で酔いつぶれた堂島曹長(松澤一之)を迎えに来たのは、若い二等兵のスガシマ(林遣都)だった。サチ子とスガシマは次第に心を通わせるようになるが、戦況は悪化の一途をたどっていた…。