• この番組の放送は終了しました

午後の名作ドラマ劇場

ドラマ

[解][字]<午後の名作ドラマ劇場>山村美紗サスペンス 小京都連続殺人事件2

山村美紗・小京都シリーズ。舞台は栃木県佐野市と足利市!浅野温子演じるフードジャーナリストと小泉孝太郎演じるカメラマンのコンビが殺人事件を解決!

10月14日 木曜 16:00 -18:00 BSフジ・181

フードジャーナリスト円城椿(浅野温子)と編集者兼カメラマンの牧野忍(小泉孝太郎)は、栃木県佐野市と足利市の“小京都"を取材で訪れる。佐野駅で具合の悪そうな老人を見つけ声をかける椿。そこに地元のうなぎ店勤務の天地和志(斉藤慶太)が通りがかって老人を病院に連れて行く。そんな天地に椿と忍は感心する。佐野市には、椿の中学時代の恩師・殿岡智訓(中原丈雄)が住んでいた。2人はまず郷土料理の取材を兼ねて殿岡の家
を訪問。そこで殿岡の妻・理絵(岡まゆみ)と娘・遥(杉本有美)に出会うが、殿岡父娘はなぜかうまくいってない様子だ。その後、嘉多山公園で2人は男性の死体を発見する。ナイーブな忍は気を失いかけるが、椿は冷静に死体の近くに落ちていた氷砂糖とススキに気付く。捜査担当の小林健次郎刑事(風間トオル)は、殿岡が担任の時の椿の同級生だった。小林刑事を“コバヤン"とあだ名で呼び、事件概要を聞き出す椿。死体の身元は木崎
総合病院の院長・木崎聡(中田博久)59歳と判明し、殺害された夜木崎と殿岡が言い争いをしていたという目撃証言から、殿岡は警察に呼ばれる…。椿は何とかして殿岡の疑いを晴らそうと、事件を調べることに…。翌日今度は、殿岡がかつて佐野東中学の校長をしていた時の柔道部の顧問で、今は校長になっている吉野周二(谷本一)が刺殺体で発見される。事件の裏には、15年前に、学校で起きたある事故が関係しているらしい。