• この番組の放送は終了しました

午後の名作ドラマ劇場

ドラマ

[解][字]<午後の名作ドラマ劇場>夏樹静子サスペンス検事・霞夕子5〜幻の罪〜

人気シリーズ『検事・霞夕子』の第5弾を放送!沢口靖子演じる検事・霞夕子が今回も事件の真相に切り込む。推理のおもしろさと同時に人間の悲しみが心にしみる感動作!

5月4日 火曜 16:00 -18:00 BSフジ・181

権藤美也子は権藤洋平の社長夫人として何不自由なく過ごしているかのように見えた。が、夫の洋平は常に仕事のことで頭がいっぱい、夫婦関係は冷めきっており美也子の心はいつも満たされることはなかった。ある日、同窓会に出席していた美也子の所に、洋平の秘書、大野から社長がお帰りになったため早くお帰りいただきたい、とのメールが送られてくる。
 同窓会を抜けて家に帰った美也子を待っていたのは思いもよらない事態だった。洋平が家の階段の下で血だらけになって死んでいる姿を発見する。  早速捜査が入り、検事・霞夕子も現場にやってくる。警察は単なる転落事故と判断していたが、夕子だけは違った。夕子は死体の傍らに落ちていたフランス刺しゅうを収めた額縁を発見。誰もこだわらない中、夕子だけはこのフランス刺しゅうを微細に調べ始める。
さらに死亡時刻に近い時間帯にサングラスをかけた女性の目撃情報が入る。女性関係を洗い出すなど洋平の身辺に関して徹底捜査が始まる。秘書であり、洋平の甥(おい)でもある大野は女性関係について強く否定する。捜査を進めるうちに、洋平は妻に隠れて別の女性、高沢奈々美との間に子をもうけていたことが明らかとなる。美也子、大野をはじめとした権藤家の中に潜む意外な事実が次々と明らかになっていく。
生前に洋平が残していた遺言書の存在も明らかとなる。果たして洋平は誰に殺害されたのか。