トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

パスカルズの『となりのマサラ』~2020年2月福岡で放送、2021年2月全国放送されたNHK福岡放送局制作のドラマ「となりのマサラ」
サントラを担当したのは当番組一押しバンド、パスカルズです。

1995年に結成され、ロケット・マツ率いる14人編成のアコースティック・オーケストラとして、独自のサウンドを築いています。
メンバーそれぞれが異なる音楽的出自を持ち、職業的にも、音楽以外の基盤を持つメンバーも多い中、絶妙のハーモニーによって、多幸感あふれる音楽を奏でます。

「となりのマサラ」は福岡市を舞台に、地元の人々とネパール人コミュニティの共生への道を描いたドラマ。
作曲を担当した4人、ロケット・マツさん、坂本弘道さん、あかねさん、金井太郎さんをスタジオに迎え、制作秘話を伺います。
昨年4月に急逝したメンバー、チェロの三木黄太さんを偲ぶ場面も。

パスカルズは9月11日に流山市で1年9か月ぶりのライヴが予定されています。

本日のゲスト: パスカルズ(ロケット・マツ、金井太郎、坂本弘道、あかね)

メールアドレス:trans@musicbird.co.jp

8月1日 日曜 4:30 -5:00 TOKYO FM

この番組をradikoで聴取