視聴地域:{{selectedAreaName}}  設定

この番組の放送は終了しました

[終]<木曜劇場>刑事ゆがみ【最終回!弓神の封印された闇が今解かれる…】 #10[字][デ]

  • 12月14日
  • 木曜
  • 22:00 -22:54
  • フジテレビ

遂にロイコ編完結!?警察の前から姿を消した弓神…彼は一体何を隠し続けているのか?明らかになる封印された闇、そして遂に宿敵との因縁の戦いが始まる!!

弓神(浅野忠信)は、ヒズミ(山本美月)が意識不明のまま収容された病院に現れたのを最後に、羽生(神木隆之介)たちの前から姿を消す。うきよ署では、ドライブレコーダーの映像などから、資産家の元医師・薮田恒男(渡辺哲)を殺害したのは、死んでいるはずの作家・横島不二実(オダギリジョー)であると断定し、捜査を開始する。横島は、7年前に自らの小説『ロイコ』になぞられた殺人事件を自演し、河合武(渋川清彦)・伊代
(酒井美紀)夫妻を殺害していた。そのときに生き残ったひとり娘がヒズミだった。横島は、逮捕される直前に焼身自殺したはずだったが、その死は、弓神によって偽装された可能性が高かった。 それから数日後、ヒズミが突然病院からいなくなる。筆談用のボードには「もう元気になりました」という文字と、ロイコ事件で殺害現場に残されていたものと同じカタツムリのマークが描かれていた。同じころ、漫画喫茶にいた弓神は『ロイコの
部屋』サイトで「空飛ぶサンタを見たい人募集。豪傑で強靭な男性優遇」という募集告知を見つける。横島が書いた小説『聖なる夜空にサンタが舞う』の中にも「豪傑で強靭な男たちがやってきて、その刑事を襲った」という描写があった。弓神の行方を追っていた羽生は、漫画喫茶でようやく彼の身柄を拘束する。そこで弓神は、横島がまだ犯行を続ける気でいることを羽生に告げた。「お前か俺のどっちかが狙われているんだよ」と。

この番組に興味がある人が
他にもチェックしている番組
  • Download iphone