視聴地域:{{selectedAreaName}}  設定

この番組の放送は終了しました

極道めし #2「涙の野沢菜めし」

  • 10月17日
  • 水曜
  • 3:25 -4:18
  • テレビ東京1

御久里刑務所204号室で繰り広げられるうまい飯語りバトル。5連続最下位の新人・原一平は賞品の牛肉のしぐれ煮に闘志を燃やし、自身のうまい牛丼の話で勝負に出るが…。

御久里刑務所204号室では毎日の食事のおかずや甘いおやつなどの争奪戦がひっそりと繰り広げられている。業務上横領の小津(今野浩喜)、窃盗常習犯・八戸(徳井優)、詐欺師・坂井(柳沢慎吾)、暴力団組員・荒木(小沢仁志)、銃刀法違反・原一平(福士誠治)。順番にシャバで食べた美味しかった食べ物の話をして 最も旨そうな話をした者を勝者とするこのバトル、連敗中の新人・一平はお腹を鳴らしながら忸怩たる思いでいた。
ある日、献立に『牛肉のしぐれ煮』を発見した面々は希少品の牛肉に色めき立つ。どうしても勝利したい一平は牛丼で勝負。詐欺師の坂井が持ち出したのは高校時代のお弁当。鰻丼だと思っていたその弁当の正体は…?経費でタダ飯が信条の元サラリーマン・小津の舞台は高級旅館。心を捉えたのはぼたん鍋ではなく風呂上がりの…?そして八戸はガードマン時代の揚げパンの話。
それぞれの思いが交錯する中、バトルは熾烈を極める。そんな中、暴力団員の荒木がポツリポツリと話し始めたのは鉄砲玉で失敗した話。組からも警察からも追われる荒木が最後にたどり着いたのは生まれ故郷。自宅の庭に潜む荒木のところに農作業を終えた母(泉ピン子)が帰ってくる。母が用意する素朴なご飯。白飯、味噌汁、煮物、野沢菜の漬物…。黙って食べる荒木のもとに警察の追手が…。
刑務所のとある雑居房。世間とは隔絶された中、食事のおかずや甘いおやつなどの争奪戦がひっそりと繰り広げられている。その闘いとは、自分が今までで一番美味かった食い物の思い出を語り、一番多くの喉を鳴らすことができた者が勝者となり、好きなおかずを一品取れるというもの。高級、B級、ソウルフード…食い物だけでなく意地とプライドをかけた美味い飯語りバトル。食と人情のノスタルジックエンターテインメントドラマ。

この番組に興味がある人が
他にもチェックしている番組
  • Download iphone