視聴地域:{{selectedAreaName}}  設定

この番組の放送は終了しました

はじめての気象学 第2回「地球大気の鉛直構造と気温の南北分布」

  • 9月15日
  • 土曜
  • 15:15 -16:00
  • 放送大学1

筑波大学教授 田中 博

地球大気は気温の鉛直分布により、下層から対流圏、成層圏、中間圏、熱圏に区分される。大気の組成を調べると、その約99%は窒素と酸素で占められていて、高度約80kmの中間圏まではほぼ均質大気となっている。ただし、水蒸気は大気下層の対流圏に集中し、下部成層圏にはオゾン層が偏在する。この講義では、他の惑星の気温分布と比較しながら、地球大気の特徴について学ぶ。

放送大学1の番組
  • Download iphone